酵素ドリンクと加熱処理






酵素ドリンクは加熱処理してあるので意味がない?

酵素ドリンクについてまだまだ情報が少ないためか、効果やメカニズムに対して賛否両論さまざまな意見が飛び交っているようです。


その中でも、「酵素ドリンクは加熱処理してあるから酵素が壊れて飲んでも意味がない!」といった意見も多いようです。実際のところ、酵素ドリンクは果物や野菜といった植物性のエキスをメーカー独自の製法でブレンドし、清涼飲料水として飲みやすい製品にしたものです。


清涼飲料水は国の安全基準によってどんなものでも加熱による殺菌が義務付けられています。 体内で作られている酵素は約3000種類にも及び、性質が明らかにされているのは全体の数%にしか満たないと言われています。


その中には加熱に強い酵素もありますが、ほとんどが熱に弱いのが現実です。そのために、酵素ドリンクを飲んでも酵素を補充できない、といった考え方が広まってしまったようです。


しかし、混同してはいけないのが、酵素ドリンクに使われている酵素は人間の体内で作られた酵素ではなく、植物などに由来する食物酵素であることです。


酵素ドリンクの大きな目的は、製造過程の加熱処理や人間の消化器官にさらされても生きて発酵できる食物酵素や補酵素を取り入れることで、体内で作られている消化酵素の働きをサポートし、代謝を促す酵素が充分に働ける体内環境に導いていくことなのです。


一部のメーカーでは、「酵素という成分は配合していません」と明記している商品もあります。
これは、ドリンクやサプリメントの製造過程で、酵素が働くことで栄養素が体に取り入れやすい形に変化し、それらを豊富に摂取できる商品ということだそうです。


      運営者情報      

管理人 桜木ステファニー
13キロの酵素ダイエットに成功した、
桜木ステファニーが運営する、酵素ドリンクお勧めランキングです。
目的別のランキングや口コミ体験談などをご紹介!実際に購入した酵素ドリンクののレビューなんかも行っていきます。みなさんが私のように酵素ダイエットに成功できるように応援していますね。

このサイトからの売れ筋ランキング

1位 ベルタ酵素
2位 お嬢様酵素
3位 ベジライフ酵素液
4位 ローヤルエンザミン酵素
5位 ベジデーツ